サプリメントの活用で元気な毎日~キラキラ輝く日々のために~

男性

十分な栄養で目を守る

目の疲れ

回復しにくい目の症状

眼精疲労とは目を長時間使って作業を続けると現れる症状を指します。目に関する症状として、疲れ目・痛み・充血・乾燥・かすみなどがあります。一般的に疲れ目は休息をとれば回復することがほとんどです。これは眼疲労と呼ばれます。眼精疲労は休息をとっても症状の回復は見られません。目の軽度な症状が眼疲労、重度な症状が眼精疲労といえます。重症化すると目以外の部分にも症状が発展する人もいます。頭痛・イライラ・集中力の低下などです。特に、患者の多くに共通しているのが肩こりです。眼精疲労にはいくつかの原因があります。パソコンや携帯電話の普及による視覚作業の増加、加齢による目の調整筋力の低下、緑内障など他の病気、環境(部屋の明るさや湿度など)です。症状を和らげるには目を酷使しないことです。疲れを感じる前に適度な休息を取り、眼球の軽い体操をして血行をよくします。目の健康を保つ栄養素を日頃から摂取するのも有効です。どのような食品が目によいか知っておけば毎日の食事で活用できます。食事で栄養が不足する場合はサプリメントで補うことも可能です。

目を健康に保つ栄養素

眼精疲労に有効な栄養素とそれらを含む食品を紹介します。まず「ビタミンA」です。目のビタミンとも呼ばれています。角膜や網膜といった目の粘膜を保護し、新しい細胞を作る役割があります。不足すると視力低下や夜盲症(暗いところでものが見えない)を引き起こします。ビタミンAは、動物由来の食品(うなぎ・レバー)と緑黄色野菜(人参・ホウレンソウ・ブロッコリー)に多く含まれます。次に「ビタミンB群」です。ビタミンB1は筋肉の緊張を和らげるので疲れの解消に有効です。視神経を正常に機能させる役割もあります。ビタミンB6には網膜の働きを助けます。ビタミンB12は粘膜を保護し、充血を防ぎますビタミンB群は動物性食品(豚肉・うなぎ・レバー)、玄米、大豆製品に多く含まれます。その他、目の毛細血管を強くするビタミンCは柑橘類・イチゴ・キウィに、網膜や視神経の情報伝達を助けるDHAはマグロ・カツオ・魚卵に含まれています。